ログイン
昌清水田歳時記
《2021年7月中旬》
田植えから1ヶ月半が経過しました。大雨の被害が心配でしたが、稲は順調に育っています。そろそろ二度目の草取りと補植の時期です。水が深い田んぼ隅などはジャンボタニシの被害が出ており、例年より少し酷いです。
ジャンボタニシの被害
稲を食害し、繁殖力が強くいため、急速に拡大し、水路や稲の株などに濃いピンク色の卵塊を産み付けます。
田植え後の柔らかい稲は特に被害が大きく、水田にぽっかリ穴が開いたように被害があります。