新規会員登録
スピリチュアリスト江原啓之についてご紹介します。
スピリチュアル大辞典
オーラカラー診断・お悩み相談はコチラ
江原啓之公式サイトへ

スピリチュアリスト
江原 啓之/Hiroyuki Ehara

1964年12月22日生まれ。東京都出身。
世界ヒーリング連盟元会員。
和光大学人文学部芸術学科を経て國學院大学別科神道専修II類修了。
一般財団法人 日本スピリチュアリズム協会 代表理事。
吉備国際大学客員教授と九州保健福祉大学客員教授。
一般社団法人 日本フィトセラピー協会 顧問。
1989年、イギリスで学んだスピリチュアリズムも取り入れ、カウンセリングを開始(現在カウンセリングは休止中)。
2001年刊行の『幸運を引きよせるスピリチュアル・ブック』がロングセラーとなる。
その後、守護霊へのインタビューを記録した、『スピリチュアルメッセージ』シリーズや、『江原啓之のスピリチュアル子育て』、『いのちが危ない! スピリチュアル・カウンセラーからの提言』、『人間の絆 ソウルメイトをさがして』など意欲作を発表。
DVD『江原啓之のスピリチュアルバイブル』シリーズでは、8つの法則について、CGなどを交え、わかりやすく解説している。
著書の発行冊数は80冊を超え、アマゾン殿堂入りも果たしている。

また、2003年6月より東京を皮切りに2004年5月まで全国で『江原啓之スピリチュアル・トーク』を開催。その後、美輪明宏氏の提言によって、今までの執筆・雑誌連載・講演などの活動だけにとどまらない癒しの総合芸術家"スピリチュアル・アーティスト"としての活動を開始。

2005年からは全国で『江原啓之スピリチュアル・ヴォイス』公演(06年「苦難の乗り越え方」、07年「未来の創り方」)、そして不定期ロングラン『江原啓之スピリチュアル・タイム』公演を行い、さらなる飛躍を遂げた<癒しの総合エンタテインメント>として高く評価される。2006年大晦日には大阪城ホールにおいて「江原啓之スピリチュアル・ヴォイス カウントダウンスペシャル」公演を開催、約1万人を動員し、話題を集めた。

2008年3月には、日本武道館にて『江原啓之スピリチュアル・ヴォイスー人生のきりかえ方― ~一万人の癒し、武道館スペシャル~』を2日間にわたり開催。4月には、福岡(マリンメッセ福岡)、大阪(大阪城ホール)、名古屋(日本ガイシホール)での追加公演も行った。

2009年12月には、『スピリチュアル・ギフト 幸せのみつけかた』公演を東京(国立代々木競技場 第一体育館)と大阪(大阪城ホール)を開催。3公演で3万人を動員し、大好評を博し、「スピリチュアル公演」を締めくくった。

2010年には、『あの世の話』公演や、『江原啓之しあわせ講演会』を各地で開催したほか、『スピリチュアル・トーク&ディナーショー』を、東京、名古屋、大阪、神戸、京都、佐賀のホテルにて開催。趣向を凝らした構成で、各方面で大きな話題となった。

また、大みそかには、『スピリチュアル・カウントダウンパーティー2010-2011』(ザ・プリンスタワー東京 コンベンションホール)を開催し、好評を博した。




■音楽 プロフィール

オペラ歌手(バリトン)。18歳より声楽を学び、武蔵野音楽大学パルナソスエミネンス特修科、声楽専攻を修了。
菊池英美、吉池道子、ヴィットーリオ・テッラノーヴァの諸氏に師事。
2000年、武蔵野音楽大学特修科修了演奏会では、ヴェルディ、ロッシーニを中心としたプログラムで優秀な成績を修めた。
以後2001年には、「日本歌曲の夕べ」を開催。
2002年「La strada~イタリアへの道」をムジカーザで開催。
2004年5月には出版300万部突破を記念して、「江原啓之バリトンリサイタル」を
王子ホールにて行い、イタリア歌曲、オペラ、日本の歌曲までを歌い絶讃を博した。
2005年5月には、『関定子&江原啓之 こどもの日コンサート』を東京、大阪で開催。2005年、『アマデウス室内オーケストラwith 江原啓之 スピリチュアル・クリスマスコンサート』に出演。モーツァルトやヘンデルなどのアリアを歌い、好評を博し、翌2006年にも開催された。

2006年、2007年には、『江原啓之スピリチュアル・コンサート』を石川県立音楽堂コンサートホールにて開催。指揮・渡辺俊幸氏、管弦楽・オーケストラ・アンサンブル金沢と共演し、日本歌曲からオペラまでを幅広く歌い上げ、絶賛を博す。

2007年には、東京(東京オペラシティコンサートホール)、大阪(ザ・シンフォニーホール)、名古屋(愛知県芸術劇場)、福岡(アクロス福岡シンフォニーホール)の4都市において、『スピリチュアル・カウンセラー20周年記念チャリティーコンサート』を開催。ヴェルディやロッシーニの大曲に挑み、ソプラノ・佐藤美枝子氏を相手にオペラアリアを遜色なく歌い上げた。同コンサートでは、指揮・現田茂夫氏、新日本フィルハーモニー交響楽団、大阪センチュリー交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、九州交響楽団と共演し、オペラ界においても、大きな評判を呼んだ(東京での模様はCD『Live!! EHARA 20th Anniversary Concert』に収録)。

そして、2008年5月に満を持して、関西二期会『セヴィリアの理髪師』にフィオレルロ役で出演し、オペラデビュー。その歌声はもちろんのこと、緩急自在な演技にも注目が集まり、2009年5月には、再び関西二期会の舞台『ラ・ボエーム』にベノア、アルチンドロの二役で出演した。さらに2011年にはオペラ『親鸞』にも出演し、日本オペラにも精力的に参加している。

コンサート活動も精力的に行い、08年7月には「江原啓之バリトンリサイタル」を開催。2008年秋には石川県立音楽堂にてアンサンブル金沢と共演し、自作の詞による『いのちの詩』(作曲:渡辺俊幸氏)を発表。2009年には『江原啓之 スピリチュアルコンサート2009 いのちの詩』、『"第九も歌うぞ!"コンサート』(東京オペラシティコンサートホール)、『江原啓之 バリトンリサイタル』(東京・紀尾井ホール)、(大阪・いずみホール)、(名古屋・三井住友海上しらかわホール)などを行い、オペラ歌手として、その活動の幅を広げている。

また、2009年12月には『オーラなクリスマス 江原啓之~with friends~』が、両国国技館にて行われ、好評を博した。

2010年には、GRUPPO KAPPA OPERA『ヘンゼルとグレーテル』(父ペーター役)に出演したほか、『江原啓之バリトンリサイタル』(紀尾井ホール)、『江原啓之"第九も歌うぞ!"コンサート VOL.2』(東京オペラシティコンサートホール)などを行い、いずれも絶賛された。さらに2011年より東京二期会にも籍を置き、11月には「二期会クリスタルコンサート」に出演した。

また、ポップスでは、初のライブハウスツアーとなる『江原啓之 おとたま・ことたまLIVE2010』を札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、福岡のZEPPで開催。会場と一体になり大いに盛り上がったライブで、また新たな一面を見せ、話題となった。

歌手としての活動は、クラシックのみにとどまらず、2004年12月には、デビューアルバム『スピリチュアル ヴォイス』、2006年3月にはセカンドアルバム『スピリチュアル エナジー』をリリースし、クラシックを原曲にした歌に自ら作詞も担当。その後、2007年2月には、シングルCD『小さな奇跡』、4月にはアルバム『愛の詩』をリリースし、J-POPデビューを果たした。2009年11月には、7曲中5曲の作詞を自ら行ったCDアルバム『幸せのみつけかた』(ソニーミュージックレコーズ)等もリリースしている(同名のCD&BOOKも同時に発表)。音楽の分野でも人々に憩いと癒しを感じてもらうべく、活動中である。二期会会員。

2012年にはチャリティーアルバム第二弾『江原啓之 うた語り』をリリースし、11月より札幌を皮切りに『うた語りコンサート2012』を福島、宮城など、東北地方でも開催した。

←戻る